ピエモンテ


イタリアを代表する銘醸地、ピエモンテ州。フランスと隣接する地理環境や長年統治していたサヴォイア家の影響が色濃く、イタリアでは珍しくクリュの概念が根付いている地域です。シチリアに次ぎ、イタリアで二番目の面積の広さを誇り、アルプスの裾野に位置する北部とバローロ、バルバレスコに代表される南西部では主にネッビオーロが、アスティやオヴァーダなどの中部ではバルベーラ、ドルチェット、モスカートなどの品種が主に栽培されています。

近年はバローロ、バルバレスコに代表されるランゲ地方が世界的な名声を得ていますが、バローロでのワイン造りの始まりが13世紀ごろとされるのに対し、ガッティナーラやボーカなど、アルプスの裾野に位置する地域のブドウ栽培の歴史はローマ時代からといわれています。同じネッビオーロ種から、土壌特性も地理特性も大きく異なるワインを地域ごとに生み出しているのも特色のひとつです。

●取扱い造り手
北部
・Conti - Boca / コンティ - ボーカ
・Monte Maletto - Carema / モンテ マレット - カレーマ

中部・東部
・Trinchero - Agliano Terme / トリンケーロ -アリアーノ テルメ
・Case Corini - Costigliole d'Asti / カーゼ コリーニ -コスティリオーレ ダスティ
・Ezio Cerruti - Castiglione Tinella / エツィオ チェッルーティ -カスティリオーネ ティネッラ
・Lasserra(Cantina Peverati) - Cassine / ラッセッラ(カンティーナ ペヴェラーティ) -カッシーネ
・Borgatta - Ovada / ボルガッタ -オヴァーダ
・Francesco Brezza(Tenuta Migliavacca) - San Giorgio Monferrato / フランチェスコ ブレッツァ(テヌータ ミーリャヴァッカ) -サン ジョルジョ モンフェッラート

南西部
・Accomasso - La Morra / アッコマッソ - ラ モッラ
・Bartolo Mascarello - Barolo / バルトロ マスカレッロ - バローロ
・Canonica - Barolo / カノーニカ - バローロ
・Cappellano - Serralunga d'Alba / カッペッラーノ - セッラルンガ ダルバ
・Cascina Roccalini - Barbaresco / カシーナ ロッカリーニ - バルバレスコ

128件中 1〜50件目
並び替え
表示切替
128件中 1〜50件目

カートを見る